黒ずみのレーザー治療【最前線】美容外科の治療法について説明します


人気No.1黒ずみクリーム▲  

脇やデリケートゾーンなどの黒ずみを気にしている女性は多いと思います。
加齢や服などの擦れたことが原因で起こる黒ずみは、放っておいても治りません。
黒ずみケアの方法はいくつかありますが、その中の一つに美容外科で行える黒ずみのレーザー治療があります。
そんなレーザー治療についてご紹介いたします。

黒ずみレーザーのメリットとデメリット


美容外科などで行う黒ずみレーザーには、メリットとデメリットがあることを覚えておいてください。
メリットは黒ずみを治す効果が高いことと、比較的短い期間で治療ができることです。
一方デメリットは、治療費が高額になることと、肌質によっては色素沈着などの跡になるリスクがあることです。
また使用するマシンによっては、適応できない部位もあるので事前に確認が必要です。
実際に、美容外科で行っている黒ずみ治療のレーザーについて説明しますね。

黒ずみレーザー治療の種類


女性ならば、脱毛でレーザーを経験したことがある人もいるかもしれませんね。

黒ずみにもレーザー治療があり、特定の部位に特化した黒ずみレーザーも出ているんですよ。

今話題となっている黒ずみレーザーの解説と、適応できる症状、具体的な治療方法の説明を交えて説明していきます。

ボディレーザートーニング(レブライト)

最新の肝斑治療マシンで全身に使うことができます。

・適応できる症状(脇の黒ずみ・下着による色素沈着・ヒップの色素沈着)
・治療できる部位(脇・Vライン・へそ下・太もも付け根・ひざ・デリケートライン・背中ハーフ・お尻)

メリットは痛みがほとんどないこと、ダウンタイムもないため、治療中でも見た目にはわかりません。
デメリットは、1回の施術で消えることはなく複数回通院する必要があることです。

ピコニップルケア(ピコレーザー)

ピコニップルレーザーは、その名の通り乳首の黒ずみに特化しています。

・適応できる症状(日焼けによる黒ずみ・生まれつきによる黒ずみ・色素沈着)
・適応できる部位(乳輪・乳頭)

メリットは1回の治療で効果が実感できることです。
デメリットは、ダウンタイムが1週間~2週間ほどあり、合併症として色素沈着が起こる可能性があることです。

Vホワイトニング(インティマ)レーザー

Vホワイトニングレーザーはデリケートゾーン専用の黒ずみを除去マシンです。

・適応できる症状(大陰唇のシワ、黒ずみ・小陰唇の黒ずみ・摩擦による角質肥厚・色素沈着)
・適応できる部位(デリケートゾーン)

メリットは麻酔不要で数回の施術で済むことです。
デメリットは治療費用が高額なことと、施術後はしばらく痛みが続くことです。

その他の黒ずみケアの方法


黒ずみレーザーは効果が高いのが大きなメリットですが、その分どうしても料金が高くなってしまいます。
お金に余裕がある人なら黒ずみレーザーをおすすめしますが、そこまでお金に余裕がない場合はホームケアがおすすめです!
自宅での黒ずみケアも、良い商品がどんどん出てきているので昔に比べて格段に進歩していると言えます。
特にクリームタイプの黒ずみケアが人気で、口コミで話題になっているので試してほしいです。
黒ずみクリームは即効性はありませんが、徐々に薄くなるので毎日のケアとして取り入れて下さい。
デリケートゾーンの黒ずみはクリームでは解消できない!?対策を比較してわかった結果
脇の黒ずみを解消したい!クリームは自宅ケアできるけど効果あるの?
乳首の黒ずみはクリームが一番コスパが高いです!自宅でできるケアをまとめました
お尻の黒ずみ解消におすすめのクリーム【エステティシャン監修】原因がわかれば対策することもできますよ

SNSでもご購読できます。